シャチハタと印鑑の違い

シャチハタイメージ

印鑑登録をするときなど、それなりに重要な場面でシャチハタを用いようとして、注意されたことのある人も少なくないだろう。それは、シャチハタがそもそも印鑑ですらない、ということが理由である。
ここで陥りやすい勘違いが、シャチハタは印面がゴムでできているから印鑑ではない、という間違いだ。
染料がインクだから印鑑ではない、というのが正解だ。

定義に基づいて、印鑑は染料に朱肉を使っていなければ印鑑とは呼べない。
印面がゴムでできているはんこ、ゴム印は、その形状の崩れやすさのためあまり好まれはしないが、朱肉を使っている限りは印鑑である。
では、認印も印鑑の一種である以上、シャチハタは認印としてすら使うことはできないのか。実はそうではない。
認印を使用する場面でもそれなりに重要な場面、例えば正規の契約書ではないが、それに準ずる一時的なもので、実印でなくてもいい書類、こういうのに印を押すときは、印鑑であることが求められる。

こうした書類のように永久に保存しておかなければものにおいては、あまりに長期の保存には向かないインクを用いるシャチハタを使うのはふさわしくない。
だが、宅配便の受領印など、いつまでもとっておくようなものでなければ、シャチハタを認印として使うこともできるのだ。
これは、受領印はボールペンでかいたサインでも代用できることからも明らかだ。
一社会人として、シャチハタと印鑑、その違いをよく理解して、しっかりと使い分けていきたいものである。

ページの先頭へ