意外と侮れない認印

認印イメージ

我々にとって最も親しみ深い印鑑の形態は、やはり認印であろう。
特に意識せずとも、我々は日常的に認印を使っている。
宅配便の受領印や、領収書など、役所や銀行などが介入しない場面で印鑑を使う時に我々が捺しているのは、認印なのである。

この認印だが、印鑑登録が可能で、財産の取引や公文書最も重要な印鑑である「実印」や、口座開設時などで銀行に届け出ることのある「銀行印」などと違って、その使用場面があまり重要ではないため、軽視している人も多いのではないか。
これは、陥りやすい間違いであると同時に、決してしてはならない間違いである。

使用目的が造作もないことであっても、捺されたはんこは実印と全く同じ効力を持つ。
これは、よくよく考えてみると恐ろしいことである。
認印は、実印と違って唯一無二の存在である必要はなく、大量に生産された汎用品を用いても構わない上に、100円均一などで手軽に買い求めることができる。
これは、悪用する者が簡単に手に入れられるというのと共に、持ち主が軽く扱うことによりすぐに紛失されてしまう可能性があることも示している。

最近では、重要な書類であっても認印で済ませることもできるようになっているので、赤の他人が自分の代わりに自分の財産を用いて契約してしまうことができないわけではないのだ。
さすがに、認印で済ませられる場合には本人確認がなされるので、そこまで心配する必要はないのであろうが、実は認印というのは実印以上に厄介な存在であることを決して忘れてはならない。

ページの先頭へ